忍者ブログ

††† Heavenly Blue †††

シルバーレインのPC・宮藤 玲についての記録
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/22/18:47

独り言。





惚気より酷いかもしれない。
しかもアンオフィ通り越してファンタジー(笑)

そんな独り言。









俺は所詮、ニセモノのイノチで。
父も母も無く。
彼が亮に贈った十字架を「魂」とし。
亮の使役として地に留まっていた連の「魄」を合わせ。
この世に産み落とされた不自然な存在だ。
肉体は能力者としての力を宿し、日々年相応に成長している。


初めて彼と逢った日。
目が彼の姿を映し、目が喜んだ。
俺のこの目は、彼の姿を映す為に存在するのだと知った。
耳が彼の声を聴き、耳が喜んだ。
俺のこの耳は、彼の声を聴く為に存在するのだと知った。


初めて彼に触れた日。
彼に触れられ、俺は彼の手に触れられる為に存在したいと思った。
彼に見つめられ、俺は彼に目に見つめられる為に存在したいと願った。


付き合い始めてしばらく経ったある日。
初めて逢った日から彼が好きだったと言った。
…すぐ否定した。
逢う前から好きだったと言った。
…それさえ否定し。

「違う、俺は、バティに逢いたくて生まれてきたんだ。」

そう、気がついた。



PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(12/16)
(12/15)
(12/15)
(12/05)
(11/23)